『Music Laboratory 〜おとらぼ〜』 基礎講座

  ・おとらぼについて
  ・楽器編成
  ・団員募集!


おとらぼについて(2017年9月更新)

■楽団紹介
正式名称『Music Laboratory 〜おとらぼ〜』2010年1月創立。メンバー内では「おとらぼ」と呼んでいます。
基本的に高校の部活動や大学サークル、社会人団体との「掛け持ち」メンバーが多く、他団体ではできない変わったスタイルを模索し、挑戦しています。
メンバーはいわば「派遣登録社員」のような状態で、1つの本番に対し「参加できる人はこの指止まれ」方式でメンバーが集まり、集まったその時の編成で曲を作り上げ、各本番をこなしています。
以前募集したおとらぼのキャッチフレーズは『音をラボする変幻自在の個性派集団』。吹奏楽、オーケストラ、ジャズ…、多種多様なジャンルから集まったメンバーは普通の「吹奏楽団」とは一味違った音 を繰り出します。
創設当時に「アンサンブルもしっかりやろう」というコンセプトもあり、定期演奏会ではアンサンブルもおこなっています。

■活動内容
・定期演奏会:年に1〜2回
・アニメプロジェクトin大泉(5月中旬)
・盆踊り(7月最終週の金曜と土曜)
・ねりまエコスタイルフェア(10月中旬)
この他、メンバーが持ち寄った本番や企画、依頼演奏があります。
年間で10本近い本番があります。

過去の活動記録はこちらをご覧下さい。

■練習日・練習場所
合奏の練習日は土・日・祝日の午前(9:00-12:00)・午後(13:00-17:00)・夜間(18:00-21:30)のどれかで不定期におこないます。
本番が無い時期は2週間〜1ヶ月に1回の割合で練習をし、本番が近くなると毎週になります。
定期演奏会では計10〜15回ほど、その他の本番は4〜6回ほどの練習をします。

練習場所は主に練馬区立生涯学習センター分館(最寄駅は西武池袋線「練馬高野台」駅)でおこなっています。
都合により、杉並区や西東京市、東久留米市、清瀬市、埼玉県朝霞市などの公共施設を使用する場合もあります。

アンサンブルは各団体自由に練習日・場所を決めて練習しています。

今後の練習日程はこちらをご覧下さい。

■練習内容・風景
おとらぼは近い時期に本番が2つ重なることがあり、また、それぞれの本番に対して参加者を募る方式なので、本番ごとに練習日程が組まれます。
すべての本番に出ている人は「午後→依頼演奏の練習、夜→定期演奏会の練習」と言ったような、「ダブルヘッダー」になることもしばしばあります。

定期演奏会では主に吹奏楽オリジナル曲や吹奏楽ポップス曲・ジャズ曲が選曲に多く取り入れられ、依頼演奏ではJ-POP、歌謡曲、アニメ曲を多く演奏します。

過去の演奏曲は活動記録からご覧下さい。

普段の練習風景です。


基本的に団員(アマチュア)が指揮を振って曲をまとめています。
定期演奏会では3人くらいで曲を分け合います。指揮者を立てない曲もあり、また、依頼演奏ではほとんどが「指揮ナシ」の状態で演奏するので、そのような曲は指導出来る誰かが曲をまとめます。

■団費(演奏会費)
各演奏会ごとにかかった経費を参加人数で割るというスタイルです。
毎月定額を集金するシステムはありません。
定期演奏会では1人あたり学生7000円、社会人13000円くらいになりますが、割引制度があるのでタダになってしまう人もいます。
その他の本番は1本番あたり500円を徴収しています。

inserted by FC2 system